<体操:世界選手権> 体操日本女子が暫定首位、杉原欠場も代役梶田貢献

女子団体総合予選で、日本は4班を終え、合計162・180点で暫定首位に立った。杉原愛子(19=朝日生命ク)が腰痛のため急きょ予選を回避したが…

関連ツイート